診療時間:月~金9:30~19:30 土9:30~15:00 休診時間:13:00~14:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日

歯科衛生士募集中

お電話でのご予約・ご相談 045-333-0102
相鉄線 星川駅・天王町駅 徒歩7分 相鉄バス 宮田町 徒歩2分

相鉄線:天王町駅・星川駅 徒歩7分。インプラント、矯正歯科の横浜市保土ヶ谷区の武本歯科クリニック

医院ブログ

問診票ダウンロード 医療費控除について スタッフ募集 メディア取材実績 待ちの頼れるドクターをして評価され、取材・紹介されました。 横浜Doctor's File 武本院長のインプラントブログ歯科治療に、安心の分割払い! 今、頼れる銀行ローン

HOME»  医院ブログ»  ㈱モリタ BioMTAセメントで抜髄を回避する

㈱モリタ BioMTAセメントで抜髄を回避する

㈱モリタ BioMTAセメントで抜髄を回避する

深在性の齲蝕での処置では、抜髄を余儀なくされることが多々ある。
点状露髄などでは、水酸化カルシウムによる直接覆髄を施術することも多いが、予後が懸念される。
時間経過に伴い、歯髄炎を発症し結局根管治療をせざるを得なくなる。
どうも封鎖性に難があるようだ。
そこに登場したのが、㈱モリタのBioMTAセメントである。
多少の自覚症状を伴う歯髄に達する齲蝕処置に用いてみた。
次の来院時、患者さんは全く不快症状を訴えていなかった。
軟化象牙質を徹底的に除去し、露髄したらもう少し深く削り込んで生活歯髄切断をする。
次亜塩素酸ナトリウムと過酸化水素水でケミカルサージャリーを図り、止血を試みる。
止血を確認し、BioMTAセメントを直接填塞する。
その上によく搾ったアルコール綿球を置き、水硬性セメントキャビトンで仮封する。
次回来院時に、仮封剤を除去しMTAの硬化を確認し、レジンセメントで裏層して窩洞形成し印象する。
そして、インレーなどをセットして終了。
抜髄を逃れ、歯髄を保護でき予後も良い。
MTAセメントがかつての臨床を大改革させたのである。

2017-05-17 09:20:10

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
PageTop