診療時間:月~金9:30~19:30 土9:30~15:00 休診時間:13:00~14:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日

歯科衛生士募集中

お電話でのご予約・ご相談 045-333-0102
相鉄線 星川駅・天王町駅 徒歩7分 相鉄バス 宮田町 徒歩2分

相鉄線:天王町駅・星川駅 徒歩7分。インプラント、矯正歯科の横浜市保土ヶ谷区の武本歯科クリニック

診療案内

EPARK ネット予約受付中
問診票ダウンロード 医療費控除について スタッフ募集 メディア取材実績 待ちの頼れるドクターをして評価され、取材・紹介されました。 横浜Doctor's File 武本院長のインプラントブログ歯科治療に、安心の分割払い! 今、頼れる銀行ローン

HOME»  診療案内

インプラント

インプラントとは、失った歯の代わりとなる人工の歯、第二の永久歯です。人工の歯根をあごの骨に埋め込み、その上に天然歯とほとんど変わらない見た目の人工の歯を入れます。見た目だけでなく、自分の歯と同じように噛むことができます。 インプラント治療は、保険が適応されない自費治療なので、費用は1本30万円前後となります。しかし、保険治療できるブリッジ治療のように健康の歯を削る必要もなく、入れ歯のようなガタつきもありません。 そして、きちんとした手入れと定期メンテナンスを続ければ、その治療効果は半永久的に持続します。

【このような事で悩んでいるなら】

  • インプラントをしたいんだけど・・・
  • 医院の違いが分からない・・・
  • なんで医院によって費用が違うの・・・

当医のこのホームページはあなたのお悩みを解決する答えになります。
圧倒的な治療技術と設備だけでなく患者様の目で見える診断でインプラントを治療を行います。

矯正歯科

歯に力を少しずつかけて、歯を移動させ健康で美しい咬み合わせをつくる治療です。矯正治療によって歯並び・かみ合わせが整ってくると口元はもちろん、目から下の顔立ちがずいぶんと整ってきます。

また、美容的な面も重要ですが、かみ合わせに問題が生ずると、歯に悪い影響が現れるだけでなく、顔の歪み、顎関節など口腔周囲組織に影響がでる場合もあります。それにより開口障害、筋肉の痛み、頭痛、肩こり、耳鳴りなどの症状がでることもあります。

当医院での矯正治療の目的は美容的な面だけでなく咬み合わせ全体のバランスを整えることで歯を長持ちさせさらに口腔周囲組織の健康を増進させることにあります。 一瞬だけ見た目を良くすることは簡単ですが、永く健康維持していく為にはその人に合った根拠ある治療が求められます。ただ闇雲に歯を削ってかぶせたり、並べるだけではいけません。口腔内だけでなく口腔周囲組織を改善させることが大切なのです。そのためには総合的に検査診断することが必要です。

矯正治療は一般歯科と違い、すぐに治療結果が出るものではありません。治療を始める前にメリットとデメリットをしっかりと把握した上で、費用・時間・装置について分からない事は確認しておくことが必要です。

むし歯治療

むし歯治療

むし歯とは、口の中に存在するむし歯菌(主にミュータンス・レンサ球菌)が砂糖(スクロース)を分解してできた酸によって歯が溶けた状態を言います。
むし歯はその進行度合いにより、大まかにC0、C1、C2、C3、C4という4段階に分類され、その程度により処置法が異なります。それぞれの段階における処置法をご紹介いたします。

C1の治療
レジン治療
歯の最表層のエナメル質だけの虫歯で、再石灰化を促す処置を定期的に行うことで経過を見ていく場合と、虫歯になってしまった部分だけを削り、コンポジットレジンという歯と同色の材料を詰める場合とがあります。
※プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング。歯の表面についた歯垢や沈着物を完全に取り去った後、再付着を防ぎ歯の質を強くするためにフッ素を塗布する。

  • 治療前(保険診療)

  • 治療前(保険診療)
 
C2の治療
インレー治療
歯の最表層のエナメル質だけの虫歯で、再石灰化を促す処置を定期的に行うことで経過を見ていく場合と、虫歯になってしまった部分だけを削り、コンポジットレジンという歯と同色の材料を詰める場合とがあります。
※プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング。歯の表面についた歯垢や沈着物を完全に取り去った後、再付着を防ぎ歯の質を強くするためにフッ素を塗布する。

  • 保険治療

  • 自費治療
 
C3の治療[歯内治療・クラウン治療]
クラウン治療
神経までむし歯が及んでしまった状態で、激しい痛みを感じる場合が多くなります。
その範囲が小さければむし歯の部分を除去し、神経を取らずに済む処置も可能ですが、一般的には神経を除去し、根の中の治療をします。これを歯内治療といいます。
そして、歯の周囲全体をかぶせ物(クラウン)で被う処置となります。歯内治療は大変、重要な治療です。これの処置次第で今後に大きな影響を与えます。

  • 保険治療

  • 自費治療
 
C4の治療[歯内治療・ブリッジ治療・インプラント治療]
ブリッジ治療・インプラント治療
歯冠(歯肉から上に出ている部分)が崩壊し、根っこだけが残っている状態。むし歯が根の中まで進行し、抜かざるを得ない場合もあります。
抜歯にいたると両隣の歯を削ってブリッジにする処置になる場合が多いですが、できる限り抜かずに歯を保存するよう努めるのが、いい治療といえます。
抜かずに済めばC3と同様、歯内治療を施し、クラウンを被せることになります。抜歯になった場合、インプラントによって欠損部分の形態と機能を回復させる方法もあります。

歯内療法について

歯周病治療

歯周病って何?

歯周病とは歯周病原因菌による細菌感染のことをいい、以前は歯槽膿漏と言われていました。
歯周病による炎症は、細菌性プラーク、細菌が産出する毒素、硬化沈着物(歯石)が直接的な原因となります。
しかし現在では宿主側の健康状態、遺伝子構成、生活行動などがその発症に大きくかかわると考えられております。
細菌性プラークが多量に沈着していても宿主側の免疫力が旺盛であれば発症しない場合もあります。宿主の免疫力には、喫煙、糖尿病、飲酒、ストレス、ホルモン、投薬、栄養、全身状態等が影響を及ぼします。歯周病はその進行程度により大まかに、歯肉炎と歯周炎に分けることができます。
歯肉炎
歯肉炎は歯茎に限局した炎症で、スケーリングやPMTC、口腔内清掃指導による正しいブラッシング等により比較的早期に健康な状態に回復することができます。
歯周炎

歯周炎は歯周病原因菌が歯肉溝を通してもっと深部の組織(歯根膜や歯槽骨)へ侵入し、炎症を起こした状態です。
こうなると歯を支えている歯槽骨が炎症の結果、骨吸収を来たして歯が動揺したり、急性期には歯茎が腫れ、膿み、痛み、を伴うことがあります。
治療法は、まず歯肉の上の部分に沈着した歯石やプラークを除去し、その後麻酔下において歯肉の下の根の部分の沈着物を除去するSRP(スケーリング・ルート・プレーニング)という処置が基本的に行われます。更に進行した歯周炎には歯周外科やGTR(歯周組織再生療法)といった処置が適用されることがあります。

義歯治療

義歯(入れ歯)

喪失した歯の本数が多い場合や、奥歯(大臼歯)が欠損している場合は、固定式のブリッジによる処置ができなくなる場合があります。
このような場合は、着脱可能な義歯(入れ歯)により、噛む能力や見た目の回復を図ります。

良い義歯とは

喪失した歯の本数が多い場合や、奥歯(大臼歯)が欠損している場合は、固定式のブリッジによる処置ができなくなる場合があります。
このような場合は、着脱可能な義歯(入れ歯)により、噛む能力や見た目の回復を図ります。

顎の形状にぴったりフィットしていること
合わない義歯を長期間はめていると、顎の骨吸収が進行したり、噛む能力が低下したり、身体の変調を引き起こすこともあります。型取りを2回行うなど、より顎の形を精密に記録することで、適合状態の良い義歯を作製できます。
この方法は保険内で行うことができます。
使用感を考え、薄い義歯を作る
保険の義歯の材料は樹脂によるもので、強度を保つためにある程度の厚さを必要とします。床(顎に付く部分)の材料を金属にすると、 保険の義歯の1/4程度の厚さで作製することが可能で、口の中での違和感がかなり軽減します。
ただし、保険外の自費治療となります。
また、金属床義歯は、お食事の温かい、冷たいを保険の樹脂製と異なり、感じる事ができます。

審美歯科

ここでは歯並びをよくしたい場合の矯正治療と、被せ物・詰め物の色を直したい(白くしたい)場合の2つの審美治療についてご説明します。
歯並びをよくしたい方や歯並びの治療を希望される方は、審美補綴という、いわゆる被せ物による形態の修正を行います。

症例のご紹介

症例1 上顎前歯部2|2の下側転位3+3の6歯で修正

  • 治療前

  • 治療後
症例2 上顎前歯1|1の翼状捻転の形態修正

  • 治療前

  • 治療後
被せ物・詰め物の色
被せ物の色の変色や、部分的に色の不揃いが気になる場合も、新しく被せ物を作り直すことで色をきれいに揃えることができます。

詰め物の種類・詰め物の色

詰め物/ハイブリット・インレー
従来の金属ではなく、歯の色に合わせた詰め物です。金属アレルギーの方にも対応します。
料金は小、中で4万円、大で5万円程度。セラミック・インレーで8万円程です。
被せ物/ハイブリット・クラウン
同じく、歯の色に合わせた被せ物で、やはり金属アレルギーの方に対応します。
料金は6万円程度となります。
被せ物/カラーレス(マージンボーセレン)
歯肉との境にセラミックを使った被せ物です。時間の経過とともに歯肉との境に黒い金属色が出てきてしまうのを防ぎます。料金は10万円くらいです。
被せ物/オール・セラミック
金属をまったく使用せず、セラミックで全体を仕上げた被せ物です。歯の持つ透明感を再現でき、より天然歯に近い見栄えを実現します。金属アレルギーにも適応。料金は15万円くらいです。
ファイバーコア
歯を抜いた後に、通常は金属などの土台を立ててから被せ物をしますが、土台に金属ではなくファイバー樹脂を用いることで様々な利点を得られます。
ファイバー樹脂は歯質に近いため、金属より歯に一体化しやすく、歯の根の変色や破折を予防できます。
変色を防ぐため、オールセラミックスやハイブリットクラウンの土台として適切です。
1本1万円程度の料金です。
ゴールドコア
金で作られたコア(土台)です。生体に優しく、歯肉の変色を妨げます。
料金は1万5千円程です。

ホワイトニング

ホワイトニングとは薬剤を歯の表面に塗布して歯を漂白する方法です。
院内で処置を行うオフィスホワイトニングと自宅でできるホームホワイトニングがあります。

セレック

セレックとは、3D光学カメラによる写真撮影のデータをもとにコンピューター上で設計し、セラミックブロックを削って修復物を作成する画期的なシステムです。
通常、保険の治療では約6年で再治療が必要といわれています。
セレックを使用した治療の場合、10年後でも約90パーセントが機能します。

PageTop