診療時間:月~金9:30~19:30 土9:30~15:00 休診時間:13:00~14:00 休診日:木曜午後・日曜・祝日

歯科衛生士募集中

お電話でのご予約・ご相談 045-333-0102
相鉄線 星川駅・天王町駅 徒歩7分 相鉄バス 宮田町 徒歩2分

相鉄線:天王町駅・星川駅 徒歩7分。インプラント、矯正歯科の横浜市保土ヶ谷区の武本歯科クリニック

矯正歯科

EPARK ネット予約受付中
問診票ダウンロード 医療費控除について スタッフ募集 メディア取材実績 待ちの頼れるドクターをして評価され、取材・紹介されました。 横浜Doctor's File 武本院長のインプラントブログ歯科治療に、安心の分割払い! 今、頼れる銀行ローン

HOME»  矯正歯科

矯正歯科の基礎知識

  • 治療期間は?
    2年~2年半
    月1回の通院
  • 費用は?
    総額90~100万円前後
    ※分割でのお支払いも可能です。
  • 痛みは?
    1.擦れる痛み (唇の内側や舌、口内炎)
    2.歯が動く痛み(治療後、3~5日程度)

医院の違い

当院では審美だけでなくかみ合わせを重視した治療を行います。

一般の矯正歯科医院では審美性を重要視した治療のみが多いですが、当医院では審美性だけでなくか咬み合わせを重視した治療を行います。
検査では、キャディアックスという顎機能検査機器を用いて、矯正前に顎機能検査を行います。

これを行うことによって、審美性だけでなく、咬み合わせを重視した矯正を行います。それにより矯正歯科後の顎関節症などの不快い症状を回避でき、また顎関節症の治療も矯正治療より行っています。

治療方針

当院では、検査・診断が結果を左右する最重要ステップだと考えています。

まず初診の段階で得た多くの情報をもとに各種治療方法を詳細に説明します。
患者様自身が口元で何を一番直したいのか?どのようしたいのか?
治療目標、優先順位、歯を並べる方向性を患者様と医師で話しあっていきます。今回治療をしないという選択肢も含め、すべての欠点、利点を把握した状態で患者様自身が自分に一番あっている治療方法を選択します。

当院が選ばれる理由

1.矯正歯科専門医による治療

矯正歯科専門医(日本矯正歯科学会認定医)による歯列矯正に特化した高度な矯正治療をご提供させていただきます。

2.1人1人の予防プログラムにより治療中の虫歯、歯周予防の徹底

当院では、矯正治療前に唾液検査を行い、患者様1人1人の予防プログラムを作成しております。 歯ブラシの仕方等治療中の虫歯、歯周病予防の徹底を行っております。

3.抜かない治療

当院では抜かない治療を行っております。

4.痛みの少ない治療

当医院では、矯正歯科治療の際でる、歯の痛みを最小限にする事を心がけております。装置、治療法等、より痛みの少ない選択をしていきます。

5.治療後のメンテナンス

治療後のきれいな歯並びを維持するためには、その後の管理がとても重要です。 当医院では治療後も徹底したアフターケアを行っていきます。

6.費用は明確表示、分割払い可能 カードも可能

当医院では総額費用を明確に提示していいます。また各種クレジットカードの取り扱い、現金での分割払いまで対応しております。

7.診療台や機材はすべて滅菌、殺菌、消毒

院内感染予防の為、使用する器材は、、完全減菌しています。診療チェアーは患者様ごとに消毒しています。

8.最新設備、デジタルレントゲン導入

最新のデジタルレントゲンを取りそろえているだけでなく2010年8月に完全リニューアルをしたいため最新の設備が整っています。

9.月2回矯正歯科の無料説明会を開催

当院では月2回無料矯正歯科説明会を行なっています。ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

治療の流れ

STEP1 カウンセリング

お電話(045-33-0102)、または専用フォームからお申込みください。

歯並びやお口元の状態、顎の症状等どんなことが気になっていらっしゃるのか、詳しくお話をうかがいます。歯並びの問題点や矯正治療の流れ、治療期間、治療費用などについて分かりやすくご説明いたします。

STEP2 精密検査

あごの成長のバランスや位置、歯の状態を詳しく確認するのデジタルレントゲン写真や顔やお口の写真をお撮りします。咬合器に付着した歯型模型を作製します。顎の動きも検査いたします。これらのデータをもとに静的な状態だけでなく動的な状態も考慮して診断いたします。

STEP3 精密検査

精密検査の結果をご報告し、治療方針・期間、メリット、デメリット、費用などを含めご説明いたします。治療への希望や疑問・不安などをお聞きした上で治療を進めていきます。

STEP4 治療開始

矯正装置を装着し、定期的に来院していただき、ワイヤーの交換や矯正装置の調節をして歯を動かしていきます。 また、来院ごとに歯磨きの練習や歯のクリーニング(PMTC)を行い、虫歯や歯周病の予防をしながら治療を続けていきます。

STEP5 メンテナンス(保定期間)

装置を外したばかりの歯は、元の位置に戻ろうとするため、取り外しの出来る保定装置(リテーナー)を使用し、きれいになった歯並び、咬み合わせを安定させます。3~4ヶ月に一度来院していただき、咬み合わせのチェックや虫歯・歯周病予防を行います。

矯正歯科メリット・デメリット

矯正歯科の利点
1.見た目が良くなる。
2.歯並びが良くなることでプラークコントロール(歯磨きなど)がしやすくなり、結果として歯の寿命が長くなる可能性が高くなる。(虫歯や歯周病になりにくくなるため)
3.見た目は自分の歯と同じように、きれいに仕上がり、見た目を天然歯と同じように回復できます。
4.咀嚼能率(ものを噛み砕く能力)が上がったり、発音が良くなったりする。
5.歯並びが良くなることで劣等感がなくなり、心理的に良い影響を与えることもある。
矯正歯科の欠点
1.多くの時間、費用がかかる。
2.矯正期間中、一時的に見た目が悪くなる。
3.矯正中は基本的に虫歯になりやすくなる。

矯正治療には痛みをともなう、長い期間装置をつけてなければならないなどのデメリットもありますが、矯正後は健康で美しい歯ならびを手に入れるなどの得られる物は計り知れません。 矯正治療を始めるのに最適な時期は、年齢、かみ合わせ状態により異なります。

また、始める時期によって治療内容も変わってきます。 そのため相談はできるだけ早く、治療は最も良い時期からが最良と考えます。 「歯並びが悪い。」と感じられたら、まずはお気軽にご相談ください。

矯正歯科の種類

ワイヤー矯正
歯の表面にブラケットという装置を接着し、金属のワイヤーを通し弱い力で少しづつ歯を移動させていく最も一般的な矯正法です。
メリット
1.最も一般的な矯正法ですので、実績が豊富である
2.他の矯正法と比べ治療期間が短縮できる
3.立体的にコントロールが可能なためより理想的な咬み合わせを構築できる。
デメリット
1.歯の表面に取り付けたブラケットやワイヤーが目立つ。(※使用するブラケットを透明のプラスチックやセラミックでできたブラケットを使用することで目立ちにくくなります。)
2.ワイヤーやブラケットに食べ物が詰まってしまうため虫歯や歯周病に気を付けなければならない。
3.装置に慣れるまでの間、多少違和感がある。
部分矯正
最近では歯を白くする、形を整えるだけではなく、部分矯正で歯並びを治す審美歯科治療が行われるようになってきました。 期間があまりかからないように可能な限り必要な治療を並行してすすめていきます。 部分矯正は全体的に行う矯正治療よりも短い期間で、費用も安く行うことができます。 お口の状態により、難しい場合もありますが、ご相談ください。

治療・検査

検査・診断
顔貌・口腔内写真、各種レントゲン、模型検査、顎機能検査を用いて多角的に現状を精密に検査し、検査結果から最も健康的で美しい咬みあわせを提案いたします。
顔貌・口腔内写真
実際の口の中を記録します。
各種レントゲン 

数種類のレントゲン分析によって、虫歯や歯周病、歯根の病気の有無はもちろん、頭部・上下顎の骨格のバランスなどを計測・検査します。

模型検査

歯の型を取り、頭に対して上下の顎の位置関係と歯が三次元的にどう並んでいるか診査します。

顎機能検査

頭に装置を取り付け、実際の顎の運動をコンピューターで解析します。この検査により現在の下顎の位置が頭蓋にたいしてどのような位置関係にあるかを検査します。

治療例

  • 治療前

  • 治療後

こどもの矯正治療

小児矯正について

小児矯正の重要性

矯正歯科治療は、歯並びと咬み合わせの改善を目指した治療です。 大人の矯正治療は、歯並び、かみ合わせ、見た目をよくするのを目的としています。 それに対し、小児矯正はあごの成長速度のコントロールや、そのままにしておくと成長に悪影響をあたえる咬み合わせを治療します。

小児期に歯並び咬み合わせが悪いと、大人になってからもずっと心理的な悪影響を受けるだけでなく、虫歯、歯周病、顎関節への影響が出てきます。小児期に治療を行うことでこれらの心配を予防することができるのです。

歯並びが悪くなると・・・

歯並びが悪くなると以下のようなことが生じてくる可能性があります。特に歯並びが悪い事によりコンプレックスを感じやすくなっています。矯正治療をしてあげることで、子供の心の健康を守ってあげることができます。

1. 虫歯・歯周病などになりやすい
2. よく噛めないため、あごの成長が遅くなってしまう
3. 咬み合わせが崩れ、あごに負担がかかるため、顎関節症になりやすい
4. 息が漏れやすく、発音かつ舌がわるくなる
5. 歯並びに対するコンプレックスから消極的な性格になりやすい

小児矯正のメリット

大人になってから矯正治療ができる時代になりましたが、子供のうちにするかしないかで最終的な歯並びの良し悪しにも大きく影響してきます。

1. 最終的な歯並びをきれいにすることができる
永久歯が大きく、本格矯正の際に抜歯が必要となるケースであっても 子供のうちから矯正治療を始めることで、あごの成長をバランスよくコントロールし。よりきれいな歯並びが可能となります。
2. 偏ったあごの成長、ゆがみを軽減することができる
あごが成長する時期に、不正な噛み合わせを放置すると、あごの成長に悪影響を及ぼし、あごが変形してしまうことがあります。適正な噛み合わせになることで、輪郭のゆがみなどを軽減することもできます。
3. 抜歯の可能性が減る
大人になってからの矯正治療の場合、2~4本の永久歯の抜歯が必要な場合がありますが。 子供のうちから矯正を行うことで、非抜歯にて治療が可能になる確率が高くなります。
4. 虫歯につよくなる
歯並びが悪いと、すき間などに食べカスがつまりやすくなり、歯磨きもブラシが届きにく虫歯になり易い傾向にあります。しかし、歯並びが整っていれば、磨き残しが減り、虫歯になりにくくなります。
5. コンプレックスの解消
出っ歯や受け口などの見た目の特徴は、子供同士からのいじめの原因になりがち。 また悪い歯並び自体がコンプレックスとなる場合が多いです。歯並びを美しく自然に直してあげれば、お子さんの心の健康を守ってあげることができます。

開始時期と期間

子どもの矯正治に最適な時期とは
子供の矯正治療では、あごの骨の成長期と矯正治療の開始時期を合わせることが大切です。 一般的に、あごの骨が急成長するため治療を避ける「思春期性成長」の前後で、「第一期治療」と「第二期治療」の2つに分けて治療を行います。 「子どもの矯正治療は早いほうがいい」といわれますが、 正確にいうと「永久歯が生え揃う前」が治療開始に最適な時期となります。
子供の矯正治療にかかる期間
それぞれのお子さんのあごの成長具合や、それに伴った治療開始時期などによって違ってきますが、第一期治療で1~2年、第二期治療で2~3年くらいの治療期間となることが一般的です。

大人の矯正治療

成人矯正について
大人の場合は発育段階の子供と違い、歯並びや咬み合わせ、口元の形態などを対象とした治療を行います。 咬み合わせの悪さが肩こりや、歯周病、発音の不明瞭さの原因になる場合もあります。
 成人矯正の治療目的は、歯並びや咬み合わせをきれいに整えることでしっかり咬めるようにすると同時にこれらの二次的な悪い影響を予防することにもつながります。 成人矯正では見た目はもちろん咬む機能と心身の健康を増進させようとする医療なのです。
 最近では、学生や社会人はもちろん、40代、50代、またさらに年齢を重ねられた方で矯正治療を始められる方が増えています。いくつになっても健やかで美しい笑顔は魅力的なものです。患者さまのライフスタイルや歯並びの状態に合わせて様々な矯正装置や方法がございます。
大人と子供の矯正治療の違い
大人と子供では、治療方針・方法に大きな違いがあります。?顎の成長がまだ発育段階にある子供の場合、矯正治療はその成長発育を利用して顎の成長を正しい方向に導いたり、永久歯の萌出スペースを作ったり歯と顎を理想的な位置に誘導しながら進めていきます。
 子供の治療期間が「第1期」と「第2期」に分かれ、治療期間も数年にわたるのはそのためです。 一方、すでに成長発育が止まっている大人の場合、顎の位置は確定し、大きさも完成しているため、それを基準に歯を移動させて歯並び、咬み合わせを治療していきます。

当院でインプラント治療をお考えの方は、まずは下記へご連絡ください。

カウンセリングを今すぐ予約する>>
アクセスはこちら>>
詳しくはお問い合わせください。

PageTop